09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

戸山流居合道会 大阪浪花支部

大阪市内で斬れる居合い戸山流の稽古に励んでいます。会員随時募集中です。

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2012.07.30/Mon  17:21:42

 
生沼先生を偲んで 
 

誠に残念ながら生沼武夫相談役が7月28日にご逝去されました。

本日は宇治市で行われた生沼先生の告別式に参列してまいりました。


IMG_0876.jpg
2006年1月 月読神社での新春奉納演武  右から生沼先生・私・柴田先生


2011-10-09 047
生沼先生最後の行事参加となった2011年10月の関刃物祭りでの試斬演武



私の入門当初からいつも気さくに声を掛けてくださり、ついこの間まで
ニコニコとお元気に話をされていたので大変寂しく思います。

告別式の最後に喪主であられるご子息がご挨拶されましたが非常に
立派なご挨拶で感銘しました。
大変聡明な人の話し方であると感じ入りましたが、あとで伺いましたら
国際弁護士をされておられるそうでさもあらんと思いました。
大変ご立派なご子息を育てられてお見事でございます。




生沼先生との一番の想い出は流旗についての一件です。


2010年8月29日 
錬成大会が無事終わりましてせっせと後片付けをしておりましたら、
生沼先生が近づいてこられて・・・

「花ちゃん、戸山流には日の丸の横に掲げる会の旗がないから作ってくれんかのぉ」

と独特のイントネーションで仰いました。

なるほどそういえば戸山流には掲げる旗がありません。

「そうですね了解しました。次の理事会で提案してみます。」


2011年3月27日
昇段審査会の日です。
昼休みに行われる理事会で会の旗を作ることを提案し全会一致で可決。
製作一切を私に一任いただきました。


2011年7月10日
第31回錬成大会当日。
会場に掲揚された国旗と流旗を見て親指を立てながら、

「花ちゃん、最高や~っ!」

と仰っていた満面の笑みのお顔が忘れられません。




1_20120731182950.jpg
2011年7月10日に掲揚された国旗と流旗



あの時、生沼先生の一言がなければこの流旗はまだなかったかもしれません。

この流旗を見上げるとき生沼先生のことを思い浮かべると先生もさぞかし
喜ばれることと思います。

合掌




category: 浪花日記
thread: 武道
janre: スポーツ
TB: 0  |  COM: 2
go page top

 

この記事に対するコメント

昨年末より入院されていたそうです。
ご子息によりますと闘病日記を書き綴っておられたそうで入院初日のお題は「戦闘開始!」だったそうです。
心からご冥福をお祈り申し上げます。
生沼先生がお亡くなりになられたとのことで、大変おどろいております。
私がはじめて紋付を着て演武に臨んだ際、「俺とおんなじ家紋やな」と笑顔で話しかけていただいたことを覚えております。本当に気さくでダンディな先生でした。
ご冥福をお祈りいたします。

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。