06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08

戸山流居合道会 大阪浪花支部

大阪市内で斬れる居合い戸山流の稽古に励んでいます。会員随時募集中です。

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2009.07.20/Mon  21:50:36

 
武者修行 
 

本日は浪花道場の支部行事として自己鍛錬のために「第二回全日本試斬道
選手権大会」に出場してきました。

こういう斬りの大会に出るのは初めてですが、自宅から近所での開催でもありまた
ご縁があって本大会をご紹介いただき急遽大会数日前に参加することになり、
この度出場させていただきました。
ご足労ながら鳥羽さんにご同伴願って単身参加してきました。

場所は大阪城内修道館道場。開始は午前10時からです。
自転車で行こうかな~とも思ったのですが暑さと重荷で体力を消耗してはいけないと
思いタクシーにて当地へ。(行ってわかったのですが車で横付けできました。勉強勉強。)
あと修道館はエアコンがないと聞いていたので暑さ対策も忘れずに用意してと。

本大会は竹の部と藁(畳表)の部に分かれております。
初参加でもあり藁は年に4~5本しか斬っていないので今回は竹の部のみに
エントリーさせていただきました。

参加選手は全部で約70名くらい。さてさてどうなりますやら・・・・。



IMGP6365.jpg
この門をくぐると大阪城内です。

IMGP6366.jpg
天守閣が見えます。

IMGP6368.jpg
修道館に到着しました。ドキドキ。



大会のおおまかなルールは下記の通りです。

【ルール】
1.二人一組の対戦でトーナメント方式で競う。
2.審判は主審1名・副審2名
3.対戦課題は各回戦により決まった斬り方で行う。
4.演武は主審の「始め」から納刀完了まで1分以内で競う。
5.出場者の服装は問わない。
6.帯刀本数は問わない。
7.使用刀剣は問わない。
8.藁・竹の選択は差した状態でくじ引きで選び、斬る順番も同じく。
9.勝敗は課題が斬れたか斬れていないかで決める。
10.試斬前後の体勢は問わない。
11.各流派の流儀を尊重し、空突・空斬りは時間内であれば認める。
但し刀身が対象物に触れる・当たった場合は斬り損じと判断。
12.両名供が対戦課題を斬れて判定がつかない場合は再試合を行う。
13.両名供が対戦課題を斬れなかった場合は両名供失格。

【減点】
1.対戦後の台倒し
2.最終斬り口の刃筋が通っていない。

【失格】
1.武道家にあるまじき行為と大会役員・審判が判断した場合。
2.抜き身での入退場。
3.選手呼び出しに間に合わなかった場合。
4.時間超過。
5.斬り損じ。
6.半斬り・山斬り。(チップ含む)
7.対戦中の台倒し。
8.対戦中、残りの藁を飛ばした場合。
9.台斬り(ピン斬りを含む)
10.地面(床)斬り
11.刀飛ばし(前指を含む)
12.対戦中の出場者の転倒。
13.完全納刀できない程に曲げた場合。
14.対戦中、帯刀していない刀剣の交換。
15.斬り方に対しての質問で、審判が過度と判断した場合。
16.対戦中、藁・竹を素手・刀身で触った場合。
17.竹試斬において演武中に竹が破砕した場合。

と今回は以上のルールがしっかり決められて行われました。



IMGP6369.jpg
到着すると会場内では準備が進められていました。

IMGP6374.jpg
とりあえず着替えて記念にパチリ。

IMGP6376.jpg
開会式。一人で参加ですので並ぶ列もなく他流派さんの一番後ろです。

IMGP6387.jpg
まず竹の部から始まりました。本大会は男女の区別無く同条件で行われます。



ちなみに竹の斬り方は・・・・

一回戦 細竹 右袈裟・左袈裟 の二太刀
(会場では左袈裟のことは逆袈裟と呼称されていました)

二回戦 太竹 右袈裟・左袈裟 の二太刀

三回戦 細竹 右袈裟・左袈裟・右袈裟 の三太刀

準決勝以上は狙い斬り

というルールでした。

ただし竹はいつも我々が試斬する約六尺の長さではなく斬り台に立てて
斬るので約三尺くらいの長さでした。

太さは太・細とおおまかに2種類用意してありまして、細いほうは十分
三本斬りできるくらいの太さでしたが・・・・・・。


IMGP6392.jpg

IMGP6394.jpg

IMGP6399.jpg

IMGP6411.jpg
一回戦です。斬った二太刀の竹は斬り台から1~2m内外に落ちて
満足のいく斬りができまして無事二回戦出場できました。

IMGP6433.jpg

IMGP6450.jpg
二回戦です。太いほうの竹ですが二太刀目の竹が斬ったあと
破砕してしまったのですが審判の協議の上、斬れてからの破砕と
いうことで無事二回戦突破しました。
斬れなくて破砕していたら失格でした。

審判は主審1名・副審2名体制で判定つけがたい場合は都度協議
されておられました。

IMGP6455.jpg

IMGP6458.jpg
お昼のお弁当をパチリ。

IMGP6463.jpg
お昼からはまず全員で記念写真を。

IMGP6467.jpg

IMGP6472.jpg
三回戦も無事に突破できました。次は準決勝です。


IMGP6481.jpg
居断会のMさん。いろいろとありがとうございました。

IMGP6488.jpg

IMGP6498.jpg
ここから藁部門の対戦です。



藁部門の斬り方は・・・・

一回戦 右袈裟・左斬り上げ(つばめ返しですね)・右からの水平斬りの三太刀
(水平斬りは横斬りと呼称されていました)

二回戦 左袈裟・右袈裟・右斬り上げ・左斬り上げ右水平・左水平の六太刀を
一本の藁で。

三回戦 抜きつけ逆袈裟(片手)・右水平斬り(諸手)

準決勝以降は申告の上自由刀法
決勝は二本立て

というルールでした。



IMGP6504.jpg
居断会のSさん。今回はご紹介いただき誠にありがとうございました。

IMGP6519.jpg
遠路はるばる山形から来られました木口先生です。

IMGP6527.jpg

IMGP6539.jpg

IMGP6541.jpg

IMGP6546.jpg
勇進舘の方は二刀流・脇差できれいに斬られる方が多く素晴らしかったです。

IMGP6565.jpg

IMGP6571.jpg
勇進舘の方々の合同演武を拝見しました。

IMGP6573.jpg
竹部門の準決勝です。
準決勝からは狙い斬りでした。竹にテープを巻いてできるだけテープに
近いほうが勝ちです。ただしテープの下を斬ると即失格。

昔から守岡会長に試斬稽古の際に「ここ斬ってみ~」「次ここ斬ってみ~」と
お相手していただいているおかげで、この斬りはドンピシャリとテープの5mm
くらい上を斬れまして斬った瞬間に「よし!」と思いました。

くしくもお相手は知り合いのMさんでしたが、無事決勝戦に進むことが
できました。

IMGP6578.jpg
いよいよ竹部門の決勝戦です。お互いに礼!

IMGP6579.jpg
・・・・・とここで大ちょんぼ!?
竹の節と巻かれたテープの間隔がとても狭く、変に力が入ったというか抜けたというか・・・。
見事に斬り損じしてしまいました。(><)

我ながら滑稽なのですが普通決勝戦に行けば負けても2位なんですが、
なんと3位でした。(笑)

実は決勝戦で二名とも斬り損じとなり準決勝の4名が再び対戦することになり
最終的に3位をいただくことになりました。

奥さんに帰って報告したら「決勝戦まで行ったのに3位~?」と笑われてしまい
ました。(爆)

また自分でもまだまだ修行が足りんと深く反省しております。(;;)

IMGP6589.jpg
結局この方が竹部門優勝されました。おめでとうございます!

IMGP6590.jpg
ここからは藁部門の準決勝・決勝です。

IMGP6595.jpg

IMGP6598.jpg

IMGP6607.jpg
さすが皆さん素晴らしい斬りでした。

IMGP6608.jpg
全対戦終了後急遽団体戦が行われました。
三名一組で1本の畳表を二太刀づつ斬って最終的に優劣を決めるものです。
もちろん一人で参加していたので団体ではないのですが居断会のMさんと
勇進舘のSさんで急遽混成チームに誘っていただきました。
一回戦で負けましたが私の二太刀目が悪かったような気がします。すみません。

IMGP6619.jpg

IMGP6622.jpg
閉会式です。

IMGP6629.jpg
竹部門3位の表彰をいただきました。

IMGP6642.jpg
帰りに修道館のすぐ隣にある豊国神社に鳥羽さんとお参りにいきました。

IMGP6640.jpg
豊臣秀吉像です。

IMGP6644.jpg
本日ありがたくいただきました賞状です。


帰宅後すぐに守岡会長にご報告の電話をいたしました。

「守岡先生、事後報告で申し訳ないのですがご縁があって試斬大会を
ご紹介いただき本日出場してきまして・・・・・」
と本日のことをご報告しました。

「あ~そうか~。一人で出たんか~?ご苦労さんやったな~、
3位やったらたいしたもんやがな!」
といつもの優しいお声を聞けて大変うれしかったです。

本日は対戦の成績はさておき何より戸山流居合道会の一員として
恥ずかしくないように所作・礼儀・姿勢・言動を重んじて参加してまいりました。

あと一人で参加しましたので選手呼び出しの際に都度「個人参加の~」と
呼ばれている自分がおかしくもあり変な気分でした。(笑)
なんだか通信教育かなにかで戸山流を習っている居合好きな個人の方、
みたいな感じでした。(爆)


まだまだ修行不足であることを痛感しましたが、大変勉強になりまた
見習うべきことも多々ございました。
今大会お世話になりました瀬戸先生始め勇進舘の皆様方やご紹介
いただきました居断会のSさんに重ねてお礼を申し上げます。

また当日私を含めて3つの戸山流が参加していましたが、異母兄弟と
いうか育ちは違えど同じ武道を切磋琢磨する仲間ですので今後とも
何かと良い交流できればと思っております。

最後に暑い中一生懸命撮影していただいた鳥羽さん本当にお疲れ様でした。
ありがとうございました!


※本ページは当日撮影させていただいたものを一切加工せずに使用しております。
斬り損じの画像は自分のものしかアップしておりませんが、何しろ他流の方々の
画像ゆえもしご都合の悪い画像などございましたら右のメールフォームからご連絡
いただければ削除など対応させていただきますのでご連絡賜りますようお願い
申し上げます。



category: 浪花日記
thread: 武道
janre: スポーツ
TB: 0  |  COM: 7
go page top

 

この記事に対するコメント

saty様 早々にリンクいただきありがとうございました。
当方も早速リンクページを作成しリンクさせていただきました。
もちろん当日はどの戸山流がどちらの団体かは存じておりますので大丈夫で~す。
吉君さん どうも書き込みありがとうございます。
こちらこそよろしくお願い申し上げます。
昨夜親方にお誘いの電話しておきました。
またみんなで頑張りましょうね!
 MASA様、武道会閉鎖以来ですね、大変御無沙汰しております。 大会に参加して単身参加された管理人様の紋を見て、もしや?と思っておりましたが、やはり同じ連盟だったんですね。
 管理人様に措きましても単身のご参加での入賞は実力あっての事と思います、おめでとう御座います。 異母兄弟の戸山が三つ参加するという珍しい大会でしたね。団体演武をされた戸山の方々と我々はまた別の戸山ですので、御間違えの無いようにお願いいたします。

 来年も参加を予定しておりますので是非、3人で前夜祭でお話が出来たら良いですね。
リンク
こんばんは。
遅れながら此度道場ブログ開設おめでとう御座います。
先日のメールでお聞きしておりました試斬大会ですが画像見させていただきましたが戸山流として意味のある大会でありますね^^そのなかで3位とはお見事にござりまする。
長くなりましたが今後とも宜しくお願い申しあげます。
※「加水」道場長 お疲れ様でした。
※初出場3位とは大した物ですねっ。
 カキコ拝見してて色々と耳にした事のある流派の先生の名前が出出来ました。
 また色々とお話しする事もありますので連絡させて頂きますね。 
 本部掲示板へもカキコしましたが.....
 ※斬る流派での腕試しも良いですよねっ。※戸山のアピール
 「他流を貶さず良いところは取り入れる」
 同じ「真竹・畳表」を斬るのにも「上には上がありますので」
 やはり「他流を知ることは(交流)は良いことだと思います」
◎山形支部・木口道場の「saty」さん 此方へ来られてましたかご無沙汰
 してます。お元気そうですね。山形から大阪まで大会出場とはお疲れ様
 です。一度お会いして「撃剣」のお話し等お聞きしたいと思います。
 またご指導頂き、互いにカキコ等で盛り上がりましょう。
saty様 コメントありがとうございました。
試斬大会は遠路はるばる誠にお疲れ様でございました。またいろいろとお世話になりありがとうございました。

リンクいただきありがとうございます。リンクのページを作成しますのでリンク貼らせていただきますね。

また今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
試斬大会お疲れ様でした。
 全日本戸山流居合道連盟・山形支部・木口道場です。 試斬大会お疲れ様でした。 素晴らしい技を拝見させて頂き、当道場としても大変励みになります。 
 こちらのホームページより勝手ながらリンクを貼らせていただきました。宜しければ相互リンクを御願いしたく存じます、同じ戸山流としてこれからも宜しく御願いいたします。

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。