04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06

戸山流居合道会 大阪浪花支部

大阪市内で斬れる居合い戸山流の稽古に励んでいます。会員随時募集中です。

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2010.06.13/Sun  23:28:28

 
伊勢神宮武芸奉納会 
 

今年も伊勢神宮にて行なわれた武芸奉納会に参加させていただきました。

浪花道場からは道場長の私と、誠和会 北野剣士が参加してまいりました。

早朝に北野さんと待ち合わせして近鉄特急で一路お伊勢さんへ。

道中、途中の駅から大野さんが乗り込んでこられてご一緒しました。


IMGP8538.jpg
早朝8時過ぎの宇治橋にて。



到着後早速着替えて各支部の皆様と一緒に神楽殿にてご祈祷していただきます。


P1000678.jpg
神楽殿にて待ち時間。ワイワイと皆で雑談ですね。




このあと開会式を経て我が戸山流による「四方斬り祓い」の儀。

今年も四方斬り祓いをさせていただきましたが、恐ろしく細い竹で(笑)、
これはこれで大変緊張しました。

会長曰く過去何十年間も「四方斬り祓い」を斬り損じた剣士はいないそうで、
「絶対失敗してはいけない」というプレッシャーが・・・。


IMGP8570.jpg
無事締めの四番手で斬ることができました。



IMGP8578.jpg
今回急遽代役にて参加された中川剣士。


今回は精華道場組が急に参加できなくなったので中川さんが駆けつけてくれました。
当日は演武に加えビデオ撮影の管理などお疲れ様でございました。

そうそうついでに記載しておきますが今後新たに参加される皆さんは
伊勢神宮の際は是非、紋付の正装(雪駄は白鼻緒)にて御出でください。
本殿前で祈祷していただく際に稽古着である道着では本殿前まで
行けないのですね。

本部行事でも年に何回か必ず正装参加の行事があるので、できれば早めに
紋付を作られることをお奨めします。
そんなに高くないですし一生着られるものですので。


さて演武のほうは各流派滞りなく進んでいき最後に我々戸山流の演武となりました。

今回は事前に先生方から組太刀演武を奉納するように申し付かっていましたが、
急遽同志大山道場長が仕事の都合で参加できないということで会長に仕太刀の
お相手をしていただくことになりました。
大山さんとは昔からよく合わせているので問題なしと思っていましたが・・・。

演武前に小雨降る中、会長と建物の裏手でお手合わせ稽古していただきました。
会長に「問題なしやな」と仰っていただき稽古は一度だけで済ませました。


IMGP8627.jpg
会長の迫力ある仕太刀演武。本黒檀木刀のお披露目でもありました。



稽古では幾度となく会長と組太刀させていただいておりますが、
こういう演武会でお相手させていただくのは初めてでした。

何より会長の全身から漲る気迫と気合が凄かったです。
大変良い勉強と良い思い出になりました。ありがとうございました。


え~最後に今年も各支部の皆様が見学・勉強に来られていましたが残念ながら
本部&浪花道場からは一名も見学者がおられなくて寂しいことでした。(;;)

今まで見学されたことが無い方は是非一度はいらしてくださいね。


category: 浪花日記
thread: 武道
janre: スポーツ
TB: 0  |  COM: 2
go page top

 

この記事に対するコメント

どうもMASAさんコメントありがとうございます。

お互い頑張りましょう!

また錬成大会ではよろしくお願いします。

☆お疲れ様でした(再チャレンジ)
(6/13にアップしましたが失敗しました)
※道場長 メンバーも増えますます「浪花道場」も絶好調ですね。
 「伊勢神宮武芸奉納会」では 、会長との組太刀と斬り(お見事)
 また腕を上げましたねっ。
> 残念ながら本部&浪花道場からは一名も見学者がおられなくて寂しいことでした...
○いえいえそれを言えば「地元・三重支部も一人も応援来てません」
(我が支部は必ず理由聞きますが「今回、皆様ホントに多忙でした」)
※情けない話しですが「皆が好き勝手に本部イベント」参加・不参加
 してたら「最後は本部のイベントも誰も来なくなります」
 (実施不可能-「イベント自体が成り立たなくなる」)
○皆様、多忙(特に日曜)よほど好きで無いと参加せず応援だけだと余計に
 「どうしょうか」と迷うのは当然と思います。(やはり居合馬鹿でないと)
 他流の剣士は3時間~かけて応援来てますね。(演武は師範と師範代だけでも)
※やはり指導者として一番難しい点に今更気付き戸惑ってます。(もう迷いませんが)
 結論「メンバーは、会に入会させる事の何倍も継続させることが難しい」です。
 最初は「興味本位・かじってみたい...」でも本当に好きな者しか続きません
 「たとえ最初にどんな良い事言ってても」★段々言い訳で稽古休み結果敷居が高くなる
 来れない-脱会...(悪循環)・また指導者の苦労など考えてくれません...
○次元が違うのです「応援にしても」仕事や用事があると思います(信じたい)でも
 現実は?(これは斬り会の竹や畳の準備にも言えること)
※十分お判りでしょうが、私も色々悩み全国の武道家(古流・別流派)からお話し聞いて
 納得した事柄ですので聞き流してくださいねっ。
 求む「居合馬鹿」ですよ。(皆さん愚直に基本居合で頑張りましょう)

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。